ケーヨービジネス交流協同組合

採用までの流れ

準備から、入国までの流れについてご説明いたします。ケーヨービジネス交流協同組合は、各段階においても、専門スタッフが対応いたします。技能実習生出身国に精通したスタッフによるサポート、各種の行政上の手続きには専門スタッフが対応いたしますので、受け入れ企業様の煩わしい手間の削減をお手伝いいたします。ケーヨービジネス交流協同組合は、技能実習計画も受け入れ企業様の状況ごとにきめ細かな対応を目指しております。

技能実習生受け入れ準備から入国まで

4〜5ヶ月程度
■技能実習生受け入れ相談、決定後当組合へ申込み。
■各国の現地派遣機関の傘下企業の推薦候補者から書類選考、健康診断、技能試験を実施、候補者の絞り込みを行います。
■現地にて面接。合格者を最終決定(補欠を含む)
■残留資格認定証明書交付申請書類を作成し、入国管理局へ提出。残留資格認定証明書習得。
■現地派遣機関にて日本語・日本の生活習慣等、日本滞在に必要な事前教育を行います。
■現地日本大使館にて査証(ビザ)を取得し来日。

入国から技能実習1号期間中について

1年間
■来日後、日本語学習を中心とした集合研修を160時間組合主導で実施。必要な知識を学習しながら、日本の生活に慣れていきます。
■合格者は企業と雇用関係を結び、労働基準法上の「労働者」として、来日から約1ヶ月後各社に配属され、技能実習予定表に沿って技能実習を実施。御社の技術・知識を学びます。

技能実習2号期間中から帰国まで

■技能検定基礎2級を受験し、さらなる技能の取得と向上に励みます。
■3年の技能実習を修了し、帰国。母国へ戻り、御社で習得した高い技術を活かします。